夜勤を辞めたい理由 仕事内容がハードすぎる

53f2155579e50f104a38fee4439c2426_m

看護師の仕事は好きだけど、夜勤は辛いと考える人は少なくありません。

 

 

夜勤を辞めたいと思う理由のひとつが夜勤の仕事内容です。

 

 

日勤に比べると、かなりハードであると多くの看護師が感じています。

 

 

日勤の業務でも時間に追われるハードな仕事をこなしていますが、夜勤ではそれ以上の大変さがあるようです。

 

 

ハードすぎる夜勤の仕事内容を探ってみましょう。

スポンサーリンク

巡回は1時間ごと

 

 

病棟では消灯が行われると患者は眠りにつきます。

 

 

患者が寝てしまえば、看護師は楽だと思いきや、それは大きな間違いです。

 

 

消灯後には1時間に1度のペースで巡回をしなければいけません。

 

 

患者の異変に気がつきにくい夜間では巡回によって患者の状態をチェックしなければならないからです。

 

 

眠れているか、呼吸の有無、点滴などの装備に不備は無いかといった点を巡回をしてチェックをしています。

 

 

昼間の日勤では患者に声をかけて状態を把握することができますが、夜勤では眠っている患者の状態を確認しなければならないのでとても大変です。

 

 

巡回を怠ると患者の急変に気がつかず、取り返しのつかないことにつながってしまいます。

 

 

重要な業務である巡回をストレスに感じる看護師も少なくありません。

 

 

仮眠がとれない

 

 

2交代制の夜勤では平均して16時間以上の勤務を余儀なくされます。

 

 

その間、30分程度の休憩時間と1~2時間の仮眠をとります。

 

 

しかしそれは落ち着いた夜の場合です。

 

 

急変患者が無く、病棟が静かな夜であれば看護師は休憩や仮眠を取ることができるでしょう。

 

 

急変が起こり、緊急の処置が必要とされる場合には休んでなんていられません。

 

 

夜勤は勤務する看護師の数が少ないので、急変の際の対応は限られた人数でこなさなければなりません。

 

 

そうなると仮眠どころではなく、休憩時間を返上して患者のケアを行います。

 

 

精神的なキツさ

 

 

夜勤は体力的にかなり辛い仕事内容です。

 

 

日勤・夜勤を繰り返すことで生活リズムは乱れ、体への負担は避けられません。

 

 

夜勤に入ると、巡回や患者の急変時の対応など、体力がなければこなすことができません。

 

 

そうした体力面へのしんどさがある夜勤ですが、負担をかけているのは体だけではありません。

 

 

実は精神面への負担もかなりあるようです。

 

 

夜勤では少人数の看護師が勤務につきます。

 

 

そのメンバーはシフトによって異なりますので、気の合う看護師と一緒に夜勤に入る場合もあれば、そうでない場合もあります。

 

 

気の合うメンバーとの夜勤では仕事の分担などもスムーズに行うことができ、業務がしやすくなります。

 

 

しかし、あまり仲が良くないメンバーが一緒では、コミュニケーションもうまく取れずに、業務に支障がでることもあるでしょう。

 

 

どんよりした雰囲気ではストレスを感じてしまい、ますます夜勤が嫌になる要因となります。

 

 

看護師の悩みとして、そうした夜勤の人間関係をあげる人もいて、ハードな仕事内容に拍車をかけています。

 

 

夜勤を続けていても大丈夫ですか?

 

 

夜勤の仕事内容は大変ハードです。

 

 

そのハードすぎる仕事内容を体力面で何とかカバーをし、夜勤をこなしている人も少なくありません。

 

 

しかし、このまま夜勤を続けていても大丈夫でしょうか。

 

 

年齢と共に体力は低下していきます。

 

 

昼夜逆転の生活による体へのダメージも年々増え、身を削ってまで行う夜勤の代償は益々大きなものになってしまいます。

 

 

看護師として働くことができる場所は色々あり、その中には夜勤がない職場も多いですね。

 

 

看護師=夜勤ではありません。

 

 

ずっと 同じ職場にいると、その世界が全てに見えてしまいます。

 

 

でも本当は、もっと自由でもっといろいろな働き方があるんです。

 

 

それを知っているか知らないかだけの話なんです。

 

 

ハードな夜勤をこなさなくても、看護師として働ける職場は本当に沢山あるんですよ。

私、夜勤辞めます!

毎晩鳴りっぱなしのナースコール

苦手な先輩との無言の待合室

家に帰っても生活リズムの乱れからよく眠れず

毎日だるい体と増えてきた吹き出物の嵐

それでも何も考えないようにただ毎日を「こなして」いた2年目の冬

専門学校時代の同窓会のお知らせが届いていました。

続きを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>