夜勤を辞めたい理由 患者さんとしっかりと向き合えない

3399a926c8140d04a65df5edaada3fbe_m

看護師は大変やりがいがある職業です。

 

 

病気やケガで苦しむ患者さんの支えとなり、治療をサポートしていきます。

 

 

患者さんにとっては看護師の存在はとても心強いものでしょう。

 

 

日勤の勤務であれば、その様に患者さんと向き合ってケアをすることが可能ですが、夜勤となるとそうはいきません。

 

 

消灯時間を迎えると患者さんは眠りにつきます。

 

 

よって、夜勤では日勤と比べると患者さんと向き合う時間は減少します。

 

 

そうした状況に不満を感じる看護師も少なくありません。

スポンサーリンク

寄り添った看護がしたい

 

 

看護師の仕事は時間に追われる大変ハードは仕事です。

 

 

余裕をもって患者さんとしっかりと向き合いたいと思っていても、なかなかそうはいきませんね。

 

 

しかしその状況は夜勤となるとさらに変わります。

 

 

では夜勤になると患者さんと向きあうことができるのでしょうか?

 

 

いえ、残念ながら状況は変わりません。

 

 

夜勤となるとさらに患者さんとの時間は減ってしまいます。

 

 

なぜなら当然のことですが、夜勤を行う夜間は患者さんは眠っています。

 

 

日中のようにコミュニケーションがとれず、日勤に比べて夜勤では患者と看護師の関係は薄くなってしまいます。

 

 

もっと寄り添った看護がしたいと考える人は夜勤への不満が募ってしまうのも無理がありません。

 

 

夜勤は看護師の人数が少ない

 

 

病気やケガを患う入院患者は夜に症状が悪化することもあります。

 

 

そのような際には看護師が患者に寄り添い、状態が落ち着くのを見守ります。

 

 

しかし、夜勤ではひとりの患者に付きっきりになるのは難しいようですね。

 

 

なぜなら夜勤は勤務する看護師の数が少ないからです。

 

 

具合が悪い患者さんに付き添っていたも、他の患者さんからのナースコールが鳴れば、そちらへ駆けつけなければなりません。

 

 

少人数の勤務体制がとられている夜勤では周りをサポートする余裕が無いほど辛く、どうしてもしっかりと患者に向きあうというのは物理的に無理なようです。

 

 

申し送りでしか分からない

 

 

夜勤の勤務に就く前には日勤の看護師からの申し送りを受けます。

 

 

患者の容体や投薬、点滴についてなど細かな引き継ぎ業務が行われます。

 

 

その後、夜勤に仕事に入るわけですが、患者の容態をチェックしにいく時間が十分にあるとは限りません。

 

 

夕食の配膳や必要な患者さんには食事の介助を行います。

 

 

そして夜のケアをし、消灯を迎えます。

 

 

担当の患者さん全ての容体を細かくチェックするのは難しいですね。

 

 

夜間、患者さんに急変にあった際には、入眠の前に患者の容体をしっかりと把握できていなかったことを悔やむ看護も多いようです。

 

 

申し送りだけでなく、自分の目で患者の容体を確認しておきたいと考える人は、夜勤の仕事では満たされないと思われます。

 

 

患者さんとしっかりと向き合いたい

 

 

夜勤は辛い勤務です。

 

 

昼夜のリズムが狂い、心身への負担も大きいですね。

 

 

さらには患者さんと向き合えないといった満たされない部分もあり、不満は募るばかりです。

 

 

そこで看護師として働ける別の勤務形態や勤務先へ目を向けてみるのはいかがでしょうか。

 

 

看護師として働く場所や勤務形態には様々なものがあります。

 

 

その中にはひとりひとりの患者さんとしっかりと向き合える勤務先も沢山あります。

 

 

忙しさの中で看護師本来のやりがいを忘れてしまっていませんか?

 

 

もう一度、看護師を目指していた頃の気持ちを思い出してみてください。

 

 

患者さんが元気になっていく姿にやりがいを感じながら働きたいと思う人は、夜勤を続けていてもよいのでしょうか。

 

 

夜勤には夜勤の利点がありますが、夜勤では感じることができない患者との触れ合い、やりがいは看護師を続けていく上でとても大切です。

 

 

患者さんとしっかりと向き合いたいといった希望がある人は、夜勤ではなく、他の勤務形態を探してみるのもよいですね。

 

 

きっと大きなやりがいをもって働くことができる職場があるはずです。

グッスミンって実際のところどうなの?現役の看護師が使ってみた結果

夜勤が終わると本当にへとへとなのに

 

 

家に帰ると全然眠れない。。。

 

 

良く寝れないから体の疲れが常時溜まる

 

 

そんな悪循環を断ち切るために私が使ってみたのは

 

 

最近CMや雑誌で評判の「グッスミン」でした。

 

 

実際に使ってみたのでどのくらい効果があるのかレポートしてみます。

続きを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>