夜勤をやめられない理由 考える心の余裕がないから

58e10bd025e3a894196e9e92e3607462_m

看護師の仕事は続けたいけれど、夜勤が辛いと感じている人は少なくありません。

 

 

夜勤は昼夜のバランスが崩れ、心身へかなりの負担を与えてしまいます。

 

 

最近では夜勤をする人は寿命が縮まるといった説もあったりと、夜勤をする看護師にとっては穏やかな状況ではありません。

 

 

そうしたこともあり、夜勤をやめたいと考える人は増えてきているのですが

 

 

あくまでもそれは希望であって、現実にはなかなか夜勤をやめれない状況なのです。

 

 

その理由は看護師自身の精神的なコンディションが関係をしているようです。

スポンサーリンク

夜勤をやめたいけれど・・・

 

 

看護師は時間に追われる大変ハードな職業です。

 

 

日勤・準夜勤・夜勤のシフト制で忙しく働いています。

 

 

休日はありますが、夜勤明けだとすると1日をフルに動くといった訳にはいきません。

 

 

また、普段手抜きをしている家事や育児の埋め合わせをするので、休日もまた忙しいと思われます。

 

 

そのような状況では夜勤をやめて新しい職場を探すといったエネルギーを費やすことは難しいですね。

 

 

夜勤をやめたいけれど、なかなか実現のために動けないといった状況ではないでしょうか。

 

 

心に余裕がない

 

 

夜勤がない職場への転職に踏み切れない理由のひとつとして、転職について考えるために必要な心の余裕がない状態であることが関係しています。

 

 

心に余裕がない状態では何かを決断するのは困難です。

 

 

とりわけ転職といったエネルギーを費やす一大決心は、じっくりと考えて決めるべきです。

 

 

心に余裕がなく、気持ちにゆとりがない場合には転職について考える余裕すらもてないでしょう。

 

 

その結果として、夜勤をズルズル続けることになってしまうのです。

 

 

じっくりと考えるために

 

 

忙しさのあまり、今は目の前の仕事をこなすので精一杯とおっしゃる人は、これからもずっと夜勤を続けていかねばなりません。

 

 

しかしそれでは、体への負担はますます大きくなるばかりです。

 

 

そこでこれからの働き方についてじっくり考えることが必要です。

 

 

「考える時間がない」とおっしゃる人には、あなたの転職について一緒に考えてくれる人を探せばよいのです。

 

 

看護師の転職を専門に取り扱う看護師転職サイトがあります。

 

 

看護師転職サイトでは専任アドバイザーが担当として、あなたの転職について親身に相談にのってもらうことができます。

 

 

転職はしたいけれど、転職について考えるための心に余裕がないからと赤裸々に伝えても良いと思います。

 

 

それであれば、専任アドバイザーがあなたにかわり、転職先を見つけてくれます。

 

 

看護師転職サイトは看護師の転職に関してはプロです。

 

 

数々の転職を斡旋してきていますので、看護師に代わり、情報を集め、面接の日時のセッティングまで行います。

 

 

看護師は指定の日時に面接へ行くだけといったケースもあるでしょうね。

 

 

看護師自身ではじっくりと考える時間がなくても、看護師転職サイトから紹介された求人情報に目を向けることで

 

 

転職への気持ちが固まるのではないでしょうか。

 

 

転職を諦めない!

 

 

夜勤を続けているとどうしても忙しさのあまり、心に余裕がなくなってしまいます。

 

 

自分自身、そうした状況に嫌気がさすこともあるでしょう。

 

 

もっと心に余裕をもつためにも、夜勤がない新しい職場への転職がオススメです。

 

 

夜勤をやめた看護師の経験談では、「気持ちが楽になった」「物事をじっくりと考える時間ができた」といったうれしい声が聞かれます。

 

 

転職について考える余裕がないからと、諦めてしまってはいつまでたっても、余裕が持てずに過ごさねばなりませんよね。

 

 

そこで、看護師転職サイトのサポートを受けることを検討してみてください、

 

 

看護師転職サイトを利用すれば、忙しい毎日の中でも転職が現実味を帯びてきます。

 

 

その結果として、夜勤がない職場へ転職をし、心にも余裕ができ心身ともに良い状態を取り戻せるのではないでしょうか。

私、夜勤辞めます!

毎晩鳴りっぱなしのナースコール

苦手な先輩との無言の待合室

家に帰っても生活リズムの乱れからよく眠れず

毎日だるい体と増えてきた吹き出物の嵐

それでも何も考えないようにただ毎日を「こなして」いた2年目の冬

専門学校時代の同窓会のお知らせが届いていました。

続きを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>