夜勤をやめられない理由 新しい環境もきっと同じだから

96ecc7301342f6ffbf167d6daaf59fdb_m

看護師の業界には看護師業界の独特な環境があります。

 

 

女社会ですから人間関係の難しさもありますし、それに加えハードな仕事も看護師を苦しめています。

 

 

勤務はシフト制ですから、日勤・夜勤を繰り返す毎日にしんどさを感じる人も少なくないでしょう。

 

 

そこで多くの看護師が転職を考えるようになります。

 

 

転職を考えた人が全て転職をしたかといえば、そうではありません。

 

 

夜勤が辛いからと転職をしたいなと感じていても、現実にはなかなか転職をしない人がいらっしゃいます。

 

 

辛いにもかかわらず夜勤をやめられない理由にはどういったものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

新しい環境への不安

 

 

転職は今の職場を辞めて、新しい職場で働きます。

 

 

新しい職場ではまた一からのスタートです。

 

 

もちろん今までの看護師としての経験を生かすことはできますが、新しい職場には職場のルールがあります。

 

 

転職先でのルールや環境に慣れなければいけませんね。

 

 

「新しい環境でやっていけるだろうか・・・」と不安に感じる人もいらっしゃると思います。

 

 

転職をしても夜勤あり?

 

 

夜勤をやめたくて、転職を決めた人が新しい職場に求める条件はどういったものでしょうか?

 

 

夜勤がないことが第一条件でしょうね。

 

 

看護師の資格を生かし、働ける場所はたくさんあります。

 

 

その中にはもちろん夜勤が必要ない職場も多くあります。

 

 

それは転職前にしっかりと確認して入職をするのですが、まれに転職前の条件とは異なることだってあります。

 

 

夜勤なしの職場へ転職をしたはずなのに、それでは転職前と同じですね。

 

 

となると、転職をしても夜勤ありの状況は改善されないと、はじめから転職をしない人がいます。

 

 

新しい環境へあきらめ?

 

 

転職は本来明るいイメージに包まれているものです。

 

 

今までの辛い職場から解放され、心機一転新しい職場で働いていこう!

 

 

そうした意気揚々としたイメージがあります。

 

 

しかし、実際に転職を考える人にとってはそんな明るいイメージはないようですね。

 

 

実は「新しい環境もきっとおなじだから・・・」と口にする人が少なくありません。

 

 

つまりは転職をする前からあきらめてしまっているのです。

 

 

それは非常にもったいないですね。

 

 

「新しい環境もきっと同じだから」と思ってしまう気持ちは仕方ないです。

 

 

しかし、それと同時に「新しい環境ではもっと自分を生かすことができる」といった気持ちももってほしいですね。

 

 

まだ何も始まっていないのですから。

 

 

始める前から結果が分かっていることなんてありえないのです。

 

 

不安を解消する徹底リサーチ

 

 

新しい職場への転職は不安はつきものです。

 

 

しかし、不安ばかりを口にしていては前に進むことができません。

 

 

不安を解消する方法は新しい職場の徹底リサーチです。

 

 

・勤務する看護師の数は何人?

 

・残業は多い?休日は?

 

・ママナースはいるの?

 

・職場の雰囲気は?

 

 

といったところを転職をする前に知ることができれば嬉しいですね。

 

 

しかし、そのような内部の事情は看護師個人ではなかなか入手することが難しいです。

 

 

そこで看護師転職サイトのスタッフにリサーチを依頼してみましょう。

 

 

看護師転職サイトは病院とのつながりもあり、内部の事情を知るには好都合です。

 

 

実際に働く看護師に話を聞くことだって可能です。

 

 

そうした生の状況を得れば、転職への不安は解消されることでしょう。

 

 

看護師転職サイトでは夜勤をやめたくてもやめられない人の後押しをしてくれます。

 

 

そして、実際に転職をして働きだしてからも問題にも対応してもらうことができます。

 

 

夜勤なしで働きだしたにもかかわらず、しばらくすると夜勤を頼まれるといった状況もあります。

 

 

そんなときには看護師転職サイトのスタッフが看護師に代わり、勤務条件についての確認を行ってくれます。

 

 

転職後も万全のフォロー体制が整っていますので助かりますね。

私、夜勤辞めます!

毎晩鳴りっぱなしのナースコール

苦手な先輩との無言の待合室

家に帰っても生活リズムの乱れからよく眠れず

毎日だるい体と増えてきた吹き出物の嵐

それでも何も考えないようにただ毎日を「こなして」いた2年目の冬

専門学校時代の同窓会のお知らせが届いていました。

続きを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>