夜勤をやめられない理由 なんとなくめんどくさいから

515173ce86c6f1487b5f57bb4321efdd_m

夜勤を辛いと感じながら働いている人は少なくありません。

 

 

「看護師の仕事は好きだけど、このまま夜勤を続けていてもいいの?」と悩まれている人もいらっしゃることでしょう。

 

 

それならば夜勤をやめればいいと思うのですが、それもできない理由があるようです。

 

 

夜勤をやめられない理由とは、一体どういったものでしょうか。

スポンサーリンク

今の職場への気遣い

 

 

新しいことを始めるにはエネルギーがいります。

 

 

今の状況を捨てて、新しく何かを始めなければいけないのですから、エネルギーが使うことは必須です。

 

 

転職となるとなおさらエネルギーが必要で、準備やそしてそれを実行する行動力が求められます。

 

 

看護師の業界は転職が多い業界です。

 

 

転職は珍しいものではありませんが、実際に自分がするとなるとやはり大変ですね。

 

 

転職先を見つけることも大変ですが、それ以上に今の職場への配慮にエネルギーを要するようです。

 

 

上司に退職する意思を伝え、すでにシフトが組まれているのであればシフト変更をお願いしなければいけません。

 

 

一緒に働いてきた同僚や先輩後輩に対し、うしろめたさを感じる人もいらっしゃるでしょう。

 

 

夜勤がつらいと感じ、転職を決めたにもかかわらず、そのような周囲へ影響の問題で、結局転職を実現できない人もいらっしゃるようです。

 

 

自分が転職をすることによって起こる波風をイメージすると、転職を断念してしまいます。

 

 

めんどくさいから・・・

 

 

先ほども述べたとおり、転職にはエネルギーを要します。

 

 

それゆえに転職を断念してしまうケースも多いですね。

 

 

退職手続き、転職先を探す、そしていざ転職です。

 

 

そうした流れを面倒と感じる人も少なくありません。

 

 

確かに慣れた職場で働き続けると、退職の手続きも転職先探しも必要ありません。

 

 

はっきり言って楽です。

 

 

いざ、転職をするとなるとそれは決して楽ではありません。

 

 

周りへの気配りもありますし、事務的な手続きもたくさんあり、面倒に感じることも多いでしょう。

 

 

今の状況をがらりと変えるのですから、面倒に感じることもあって当たり前です。

 

 

しかし、「めんどくさいのは嫌!」と転職を断念してしまうケースも少なくありません。

 

 

夜勤がない職場へと転職をしたい気持ちがあるけれど

 

 

なかなか実現できずにいる人は「なんとなくめんどくさいな」と感じてしまう気持ちが強いのでしょうね。

 

 

めんどうくさいからと転職を諦めてしまう人は、大切なものを見逃している気がします。

 

 

めんどくさいからと諦めていいですか?

 

 

夜勤は心身への負担が大きく、長く続けていると様々なデメリットをもたらします。

 

 

大きな病気を引き起こす要因にもなると囁かれていますね。

 

 

そうした不安を払しょくするためには、夜勤をやめるしかありません。

 

 

夜勤をしなくてもすむ新しい職場を探すことが一番の良策なのです。

 

 

しかし、それがなかなか実行できない現実があります。

 

 

その理由に「なんとなくめんどくさいから」と口にする人がいらっしゃいますが、本当にそれで良いのですか?

 

 

確かに転職には様々な面倒なことが伴います。

 

 

気疲れもするし、転職活動に時間も費やさないといけません。

 

 

それを面倒と感じてしまうと、今後の看護師生活は何ら改善されませんよね。

 

 

そこで面倒だからと諦めずに、一歩前に踏み出してみませんか?

 

 

実はあなたが面倒だからと感じることを、看護師転職サイトのアドバイザーがお手伝いをしてくれます。

 

 

転職先探しはもちろんのこと、円満退職の秘訣や事務手続きなどについても教えてくれます。

 

 

あれもこれもしなければいけないと感じ、面倒に感じる人にとって、看護師転職サイトは強い味方です。

 

 

あなたの転職を全力でサポートしてくれる人がいます。

 

 

「なんとなくめんどくさいから」と諦めてしまうのではなく、決断してみてはいかがですか。

私、夜勤辞めます!

毎晩鳴りっぱなしのナースコール

苦手な先輩との無言の待合室

家に帰っても生活リズムの乱れからよく眠れず

毎日だるい体と増えてきた吹き出物の嵐

それでも何も考えないようにただ毎日を「こなして」いた2年目の冬

専門学校時代の同窓会のお知らせが届いていました。

続きを読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>