夜勤を辞めたい理由

夜勤を辞めたい理由 加齢による体力の衰え

53f2155579e50f104a38fee4439c2426_m

人間は誰しもが歳をとります。

 

 

もちろん看護師も例外ではありません。

 

 

歳を重ねるにつれ、看護師としての経験や知識に富み、責任を任されることになるでしょう。

 

 

看護婦長などの管理職に就き、後輩の看護師の指導役を担います。

 

 

看護師としてのキャリアや地位は築けますが、その反面として体への代償は大きくなります。

 

 

加齢による体力の衰えは切実であり、多くの看護師が夜勤から離れることを希望しています。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 待遇が良くない

96ecc7301342f6ffbf167d6daaf59fdb_m

シフト制で働く看護師にとって、夜勤はとてもハードな仕事です。

 

 

生活リズムが乱れ、体調を崩す人も少なくありません。

 

 

しかし看護師を志した人にとって夜勤で働くことは想定内であったはずです。
それにもかかわらず、夜勤を辞めたいと思ってしまう理由はどこにあるのでしょうか。

 

 

そこには過酷な夜勤を行っているにも関わらず、その待遇の悪さが関係しているようです。

 

 

夜勤の実態を知ると、待遇が良くないと感じる理由が見えてきます。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 生活リズムが崩れる

16d520788039457f4b52efd67a157774_m

規則正しい生活のリズムは健康的な毎日を過ごすためには不可欠なものです。

 

 

早寝早起きが健康に良いとされるように、朝起きて夜寝るといった本来、人間に備わっているリズムは大切です。

 

 

しかし、仕事によってはそうした生活リズムができない場合もあります。

 

 

夜勤がある看護師もそのひとつです。

 

 

生活リズムの崩れが夜勤を辞めたい理由のひとつとなり、多くの看護師が悩んでいます。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 家族との時間が取れない

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_m

夜勤ありの仕事をこなす看護師には様々な悩みがあります。

 

 

そのひとつに昼夜逆転の生活を強いられることがあげられます。

 

 

そうした生活リズムは、家族とすれ違いの生活になってしまいますので家族で共有の時間が少なくなってしまいますね。

 

 

そこで家族との時間が取れないといった理由で夜勤を辞める人も少なくありません。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 一人で判断する事が多く不安

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_m

夜勤の仕事が辛いと思う理由はいくつかあります。

 

 

昼夜が逆転した生活は体への負担が大きいですし、患者としっかり向き合うことができないとった不満もあります。

 

 

そうした夜勤への不満の中でも、とりわけ看護師自身を苦しめる理由があります。

 

 

看護師としての責任の大きさをまさに実感し、夜勤をするたびに不安を感じてしまうことです。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 仕事内容がハードすぎる

53f2155579e50f104a38fee4439c2426_m

看護師の仕事は好きだけど、夜勤は辛いと考える人は少なくありません。

 

 

夜勤を辞めたいと思う理由のひとつが夜勤の仕事内容です。

 

 

日勤に比べると、かなりハードであると多くの看護師が感じています。

 

 

日勤の業務でも時間に追われるハードな仕事をこなしていますが、夜勤ではそれ以上の大変さがあるようです。

 

 

ハードすぎる夜勤の仕事内容を探ってみましょう。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 患者さんとしっかりと向き合えない

3399a926c8140d04a65df5edaada3fbe_m

看護師は大変やりがいがある職業です。

 

 

病気やケガで苦しむ患者さんの支えとなり、治療をサポートしていきます。

 

 

患者さんにとっては看護師の存在はとても心強いものでしょう。

 

 

日勤の勤務であれば、その様に患者さんと向き合ってケアをすることが可能ですが、夜勤となるとそうはいきません。

 

 

消灯時間を迎えると患者さんは眠りにつきます。

 

 

よって、夜勤では日勤と比べると患者さんと向き合う時間は減少します。

 

 

そうした状況に不満を感じる看護師も少なくありません。

続きを読む

夜勤を辞めたい理由 職場の人間関係

fd53075e18665a1b4652e15773fb7cbc_m

夜勤が辛い考える看護師は少なくありません。

 

 

その理由には様々なものがあります。

 

 

昼夜逆転の仕事による体への負担、家事や育児の両立の難しさなどがあげられます。

 

 

精神面への負担も夜勤を辞めたい理由のひとつです。

 

 

ストレスを感じる要因が職場の人間関係です。

 

 

看護師は独特な女社会です。

 

 

その中で働くには大変な苦労があり、中にはうつ病などの疾患を患う人も少なくありません。

 

 

ストレスの要因となる職場の人間関係のしんどさは日勤・夜勤を問わず存在します。

 

 

しかし夜勤となるとさらに状況は深刻となります。

 

 

少人数での勤務体制、さらには緊張感漂う夜間の勤務のより、感じるストレスは相当なものです。

 

 

そうしたストレスを抱えながら、多くの看護師は夜勤を行っています。

続きを読む