夜勤と健康被害

夜勤からくる自律神経の乱れ

ca4da610141d4cb7c1e05fc1f3dc3360_m

夜勤を続けていると体には様々な変化が起こります。

 

 

そのひとつが自律神経の乱れです。

 

 

自律神経が乱れると自律神経失調症や月経不順などを発生してしまいます。

 

 

その他にも自律神経の乱れは体に様々な不調を引き起こします。

続きを読む

看護師の平均寿命

ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_m

高齢化が進む日本では平均寿命が延びています。

 

 

男性が80才、女性はさらにその上をいき、86才です。

 

 

しかし、平均寿命は職業で大きく左右されるようで、心身への負担が大きいとされる職業では平均寿命が他に比べると低いと言われています。

 

 

そうした職業のひとつが看護師です。

 

 

看護師の仕事は大変キツイものです。

 

 

身体的負担はもちろんのこと、ストレスからくる精神的な疲労もかなりのものです。

 

 

そうした激務を長年務めている結果が平均寿命に影響を与えてしまっているのですね。

続きを読む

夜勤で抜け毛や白髪が増えるって本当?

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_m

人間の体はホルモンバランスや自律神経、体温に至るまで、朝起きて夜寝る生活に合わせて変化し、健康を維持しています。

 

 

しかし、本来寝るべき時間に起きて仕事をする夜勤を続けていると、これらの機能がスムーズに活かされず、少しずつ肌の調子や体調、心の状態に歪みが出やすくなってしまいます。

 

 

それは頭皮や髪にとっても同じことで、毎日夜勤で辛い仕事をで酷使しているうちに、気が付けば抜け毛や白髪が増えてしまったという人も少なくないことと思います。

 

 

では、何故夜勤を続けると、髪や頭皮に影響が出るのでしょうか。その理由をご説明したいと思います。

続きを読む

夜勤とがんの関係

a9cbd6dfea327d3a86d1676734635bac_m

人間の体は朝起きて明るい昼間に活発に活動するよう、体温も自律神経も自然と調節されて健康を維持しています。

 

 

そのため夜は体の深部の体温が下がり、リラックスする時に働く副交感神経が活発になることで、スムーズに睡眠へと入るようになっています。

 

 

しかし夜勤を続けている人は、この体温や自律神経のリズムと真逆の生活を繰り返すことから、体のホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れやすくなりがちです。

 

 

これらのバランスが乱れると、心身に不調が出やすくなるだけでなく、十分に睡眠が取れない睡眠障害の状態にもなりやすく、睡眠が不足すればがんなどの怖い病気にかかる可能性も高くなってしまいます。

 

 

夜勤とがんとの関係性を知り、自分の体を大切にする生活へと変えるきっかけにしていきましょう。

続きを読む

夜勤は脳の老化が進む

l_167

脳の老化はできれば誰でも避けたいものです。

 

 

運動や読書、新聞を読んだり、サプリメントと取ったりなど、日常生活に様々な工夫をして脳の老化を予防している人は多い事と思いますが、それらの行動と同じくらいに大切なのが睡眠です。

 

 

特に夜勤などで昼夜逆転の生活を繰り返していると、自律神経のバランスや体内時計がおかしくなり、睡眠障害や不眠症に苦しむ人が多いと言われています。

 

 

これらの症状はただ眠れないだけでなく、脳の老化にも大きく影響するので、夜勤を長年続けていると、日勤の人と比べて約5歳から6歳程度の脳年齢の老化が見られるようです。

 

 

そんな夜勤によって脳の老化が進む原因をご説明したいと思います。

続きを読む

夜勤を続けてアトピーが悪化

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_m

子ども時代にアトピー性皮膚炎で辛い思いを経験したことのある人の中には、大人になってもアトピーの症状に苦しむ人も少なくない事と思います。

 

 

アトピー性皮膚炎の悪化の原因には、偏った食生活やダニ、ハウスダスト、カビなどのアレルギー物質、季節の変わり目の自律神経の不調など、様々な原因がありますが、実は夜勤などの不規則な生活も、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因になっているのです。

 

 

これらの原因が重なれば、大人になってからも発症する人のいるアトピー性皮膚炎は、不快な痒みなどの症状を伴うだけでなく、ステロイド剤など副作用のある薬を使用しなければならないことから、できれば日常生活を整えて悪化を避けたい病気です。

続きを読む

夜勤における睡眠不足が引き起こす症状

2872ed014b2ce27937551a18e24481a7_m

人間の体は睡眠中に疲労を回復したり、内臓の機能や皮膚の再生が行われたりなど、昼間受けた心身のダメージをメンテナンスするようにできています。

 

 

しかし夜勤で昼夜逆転の生活を続けていると、知らず知らずの間に自律神経や体内時計がおかしくなって、気が付けば寝ても寝ても眠たくてしかたなかったり、布団に入っても深い眠りにつけないなど、睡眠が満足に取れない睡眠不足の状態に陥りやすいものです。

 

 

十分な睡眠が取れない状態が続くと、様々な心身の不調が出やすくなります。
一つ一つの症状はよくありがちなものばかりでも、放置するのはよくありません。
特に継続的に夜勤をする人は辛い慢性的な睡眠不足に陥りやすいので、これらの症状が出る可能性が高く注意が必要です。

続きを読む

あなたは大丈夫?交代勤務性睡眠障害とは

ec45c11d6e600d4e64f26bbd7cdca46b_m

人間の体は大昔より日の出と共に起き、夜は暗くなると眠る生活を繰り返してきました。

 

 

このサイクルは体の体内時計や一日の体温の変化にも適った生活のリズムで、自ずと自律神経を整え、スムーズな睡眠へと導いてきました。

 

しかし24時間勤務の職場が増えた今日、夜勤と昼勤を定期的に繰り返す人や夜勤を続ける人の中に、「交代勤務性睡眠障害」と言われる症状を発症する人が増えていると言われています。

 

 

交代勤務性睡眠障害の症状は、主に夜勤をしている時に多く発症すると言われており、眠りたくてもよく眠れない状態は、心身に様々な影響を及ぼしかねません。

 

 

そんな交代勤務性睡眠障害についてご説明したいと思います。

続きを読む

知っておこう。睡眠薬を常用する事のリスク

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_m

夜勤などでなかなか寝つけない辛い不眠の状態や、眠っても眠りが浅かったり、数時間で目が覚めてしまう睡眠障害の状態が続くと、体の倦怠感も取れないので、内科や診療内科を受診する人も多いことと思います。

 

 

これらの医療機関を受診して、「眠れない」と告げると、睡眠薬を処方される場合があります。

 

 

お医者様から処方された睡眠薬を使用すれば、すんなり眠ることはできますが、これは薬の力で無理やり脳を睡眠状態へ持って行っているだけなので、不眠の根本的な解消には繋がらない上に、常習性があるなど様々なリスクも存在します。

 

 

飲めば不眠の辛さから簡単に解放される睡眠薬ですが、飲み続けることでどんなリスクがあるのか理解しておくことも必要です。

続きを読む

夜勤明けに眠れない3つの理由

a0c4fa465dbb2fbc8069956597c3478d_m

夜勤が終わって疲れた体をゆっくり休ませたいのに、なかなか眠ることができない。

 

 

本来寝るべき時間に起きている夜勤は、昼間の勤務と違って仕事が終わってもなかなかスムーズに睡眠に入ることができないものです。

 

 

しかし睡眠を取らなければ、体は体力を回復することもできず、体調を整えることもできなくなって更に辛い状態になってしまいます。

 

 

夜勤明けに眠れない3つの理由を把握し、夜勤が睡眠に及ぼす影響を理解しましょう。

続きを読む